キャッシングを利用する際に提出を求められる収入証明書について

TOP > 基礎知識・キャッシング関連情報 > 収入証明書とは?

収入証明書とは?

キャッシングやカードローンを利用する際に、希望限度額や契約限度額に応じて、収入証明書の提出を求められる事があります。
では、収入証明書とは一体どういったものなのでしょうか?

収入証明書=あなたの前年の収入を証明する書類

収入証明書とは、所得証明書とも呼ばれるもので、前年の1月1日から12月31日までの1年間に、あなたが、どれだけの金額の「収入=所得」を得たのかを証明する書類や証書の事を指します。

お勤めの方の場合は、年末調整の時に職場から発行される「源泉徴収票」が、最も一般的ですが、その他にも、お住まいになられている市区町村で発行される「住民税納税証明書」若しくは「住民税納税通知書」が収入証明書となります。

また、自営業の方などの場合は、確定申告の際の「確定申告書の控え」や市区町村等が発行する住民税課税証明書や住民税納税証明書、非課税証明書、税務署が発行する納税証明書(所得金額用および納税額用)が収入証明書となります。

収入証明書が求められる金額(契約限度額)には大きな差がある

収入証明書の提出を求められる契約限度額は、一定ではなく、商品や金融会社の業態によって大きな開きがあります。

最も低い契約限度額で収入証明書の提出を求められるのは消費者金融で、銀行カードローンの場合は、かなり高い金額まで提出を求められない場合があります。

これは、改正貸金業法に定められた総量規制との関連で、貸金業法に基づいて融資業務を行っている消費者金融の場合、貸付金額がこの総量規制に抵触しないかを確認する必要がある為、原則50万円を超える貸付(貸付可能な限度額)となる場合には、収入証明書が義務づけられています

翻って、銀行カードローンの場合は、銀行法に基づいて融資業務を行っているため、総量規制の対象外ですから、銀行側独自の基準で収入証明書の提出を求める事となります。

その為、銀行から収入証明書の提出を求められるのは、100万円を超える限度額の場合が多く、中には300万円を超えない範囲であれば、収入証明書の提出が不要というカードローンもあります。

商品名 収入証明書の提出
オリックス銀行カードローン 301万円以上
楽天銀行カードローン 201万円以上
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 201万円以上
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 101万円以上
イオン銀行カードローンBIG 101万円以上

したがって、50万円を超える借入をご希望の方で、収入証明書を用意したり、提出したりする手間を省きたいという方には、銀行カードローンのご利用がオススメです。


この記事に関連するおすすめキャッシング

100万円以下で収入証明書の提出が不要なキャッシング、カードローンはこちら

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン
金利 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
収入証明 101万円以上
公式サイト

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
金利 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日審査
収入証明 300万円超
公式サイト