統計資料から見るキャッシングの新規申込に対する審査通過率

TOP > 基礎知識・キャッシング関連情報 > キャッシングの審査通過率

キャッシングの新規申込に対する審査通過率

キャッシングに申し込んだらどのくらいの確率で審査が通るのか?

これから、キャッシングやカードローンの申込をしようかとお考えの方であれば、特に気になるトピックスですよね。

そのものズバリの回答は出来ませんが、実は、一部の金融会社は、新規申込に対する成約率といったデータを含んだ情報を月次で発信しています。

プロミスの新規成約率

SMBCグループ傘下のSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」が、毎月発表している「SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標」では、「無担保ローン新規申込数および新規顧客数」及び、当該数値を元にした「成約率」を発表しています。

2013年度の4月度から12月度の新規申込数、新規顧客数、そして成約率は、下記の通りです。

プロミス「無担保ローン新規申込数および新規顧客数、成約率」(2013年)
  4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度
新規申込数 43,292 47,234 35,884 37,251 37,169 41,333 38,605 38,098 30,774
新規顧客数 16,779 18,539 13,837 14,355 14,811 16,614 15,423 15,268 12,280
成約率 38.8% 39.2% 38.6% 38.5% 39.8% 40.2% 40.0% 40.1% 39.9%

参考:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標

申込者の属性を完全に無視して、単純に申込件数に対する成約率を見た場合、概ね新規申込者の約40%が審査を通過し成約に至っている事になります。

アコムの新規成約率

同じようにメガバンク傘下の大手消費者金融「アコム」でも同様のデータを探し、成約率に関するデータを取ると下記の通りとなります。

ただし、算出元の数字が、プロミスが「無担保ローン新規申込数および新規顧客数」であるのに対し、アコムが「ローン事業新規申込数、新客数」となっており、おそらく「有担保」のローンも含まれているので、単純には比較出来ませんのでご注意下さい。

また、本記事作成時には、12月度の数字が発表されておりませんでしたので、4月度から11月度までの数字となっています。

アコム「ローン事業新規申込数、新客数、成約率」(2013年)
  4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度
新規申込数 31,949 35,501 27,613 31,651 33,046 36,154 34,875 33,953 -
新規顧客数 15,717 17,454 13,617 14,519 15,928 17,733 17,238 17,116 -
成約率 49.2% 49.1% 49.3% 45.9% 48.2% 49.0% 49.4% 50.4% -

参考:アコム マンスリーレポート

アコムの場合、プロミス同様に申込者の属性を完全に無視して、単純に申込件数に対する成約率を見た場合、有担保のローン申込を含めたローン事業全体で、新規申込者の約50%が審査を通過し成約に至っている様です。

キャッシングの新規申込に対する成約率のまとめ

残念ながら、アコムは、無担保ローンだけを切り出した数値がありませんでしたので、あくまで参考値として捉えて頂くとしても、新規申込に対して概ね40%以上が審査を通過し成約に至っている事が統計から分かりました。

この数字を低いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、私見で言えば、申込者の属性を無視しての40%であれば、かなり柔軟に審査が行われていると考えて問題ないのではと思います。

関連記事:キャッシング申込で審査に通過するコツ

この記事に関連するおすすめキャッシング

アコム

アコム
金利 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
収入証明 借入総額により必要
公式サイト